ピラティス講師

About Pilates

ピラティスの起源や効果について

プロップやマシンは使った方が効果があるの?等ご紹介します。

Pilatesの起源

ピラティスとは、ドイツ人Joseph Hubertus Pilates(ジョセフ・ヒューベルトウス・ピラティス)(1880-1967)により考案された精神的かつ身体的な健康を目指したエクササイズメソッドです。

彼は、このメソッドを「コントロロジー=Control+logy」=身体と心を自分の意志で制御する学問と呼んでいました。

幼少期にくる病、喘息、リウマチ熱などに苦しんだ経験から病を克服するために運動と健康を研究するようになったそうです。

第一次大戦下、ピラティス氏がイギリスで捕虜となった期間に、仲間の捕虜の体力と健康の回復目的として、ベッドからスプリングを取り出して、運動用の器具を作り上げたのが、ピラティス専用のマシン(リフォーマー)であり、ピラティスの始まりと言われています。

L1006895.jpg

Pilatesの効果

L1006909.jpg

ピラティスのエクササイズは、単なるエクササイズではなく、自分の意識を身体に向けながら、骨格や筋肉の動きをコントロールし正しい身体の使い方を習得していくものです。

これにより、姿勢を矯正できるだけでなく、身体の軸であるコアの強さを養っていけます。コアを安定させることでより機能的な身体の使い方、柔軟性やバランスの向上も身につけることができます。

また、ピラティスにおいて、呼吸は、エクササイズの最も重要な一つであり、正しい呼吸法を習得することで血液循環を高め、細胞や筋肉を目覚め活性化させることができます。

Machine Pilates

ピラティスといえば、マットピラティスをイメージされる方も多いと思いますが、ピラティスにはマットピラティスとマシンピラティスの2種類があります。マットピラティスは、自重(ご自身の身体の重さ)を使ってエクササイズを行っていきます。

自重に加えて、マットではエクササイズ道具(プロップ)を負荷や補助として用い、マットエクササイズにさらにバリエーションを加えることができます。

L1007059.jpg
プロップ

プロップとは、ミニボール、フォームローラー、セラバンド、ピラティスリングといったものが挙げられ、その方のレベルや動きの特徴に合わせて、どのプロップを用いたら良いのかを選択し、全身くまなく動きが出るように、また鍛えられるように行っていきます。

マシンピラティスでは、ピラティス氏が開発したピラティスマシンを使用しながら行っていきます。マシンにはスプリングが付いているということが特徴で、スプリング抵抗を利用することで、動きがアシストされたり、一方で負荷となったりします。それにより、マットピラティスでは意識しづらい筋肉や骨格の動きを感じてエクササイズを行うことができます。

お客様の骨格、身体や動きの特徴に合わせて、そのマシンの負荷を調整したり、数あるマシンの中から最適のマシンをセレクトしたりすることで、ピラティス未経験の方から身体の専門家、アスリートの方まであらゆる方にフィットする内容をご提供できます。

L1006871.jpg
L1006873_edited_edited.jpg

マシンとしては、ピラティス氏が最初に発明したとされるキャデラック、また前述のリフォーマー、キャデラックにマットの要素を融合させたタワー、自宅でも運動ができるようにマシン兼家具として使用できるワンダーチェアなどのスプリングの抵抗を用いて身体を動かすように設計されたマシン。そして、スプリングは用いていないけれど、重力に対する背骨のサポートができるよう設計されたバレルには、スパインコレクター、アークバレル、そしてラダー(はしご)とバレルが組み合わさったラダーバレルがあります。

Pilates Studio Embraceでは、リフォーマー、タワー、ワンダーチェアに加え、スパインコレクター、アークバレルも用い、その方に合わせたセッション内容でセッションを行っていきます。

リフォーマーを使った産前ピラティス_edited.jpg